トップ / 法律とアイコンについての話

法律とアイコンの事

法律とアイコンについての話

法律とアイコンの合わせ技を使う

条文の見出しにアイコンを付けることによって、二つの良い効果がもたらされます。最初に実感できるのは、現在進行形で眺めている内容がどの部分の集まりに属しているのか一目瞭然になることです。さまざまな内容の法律を目にしていると、分類元が不明瞭になりやすいです。アイコンで対象部分を示しておけば、条文を読み進めているときであろうとも脳内が混乱しにくいと言えます。視覚情報を根拠に条文の掲載場所を特定できる点も、法律の取り組みに臨んでいる過程で実感できます。文字情報に加えて記憶に取り込まれるので、情報を引き出す速度が速まります。

アイコンに利用する画像について

近年では、FacebookやTwitterといった交流ツールなどが花盛りです。その際に、自分をあらわすイメージとしてアイコンを設定するのが一般的です。この際に、気をつけたいのが著作権や肖像権などの法律になります。一番問題視されるものは、有名人の写真を利用している場合です。芸能人などは、肖像そのものが商品として扱われる場合があり事務所などの判断によっては法的に訴えられる可能性もゼロとは言えないのです。法律で守られている部分はどこかといえば、著作権も含め画像などの所有者が確認出来るものと言えます。そういう物に関しては、利用しないほうが無難と言えます。

↑PAGE TOP

© Copyright 法律は暗記しなくても良い. All rights reserved.